社宅代行システムをするなら見積もりを忘れずに

男女

組織改編の時期を見極める

組織診断は、現在の組織が正しい運用を行う事のできる組織か同課を診断するツールです。あくまでも情報をもとに診断するだけになりますので、その後の組織改編に関しては専門家の判断のもと行う必要があります。従業員満足度調査などのデータを利用します。

IT

業務に集中できます

クラウド会計は、インターネット環境さえあればどこでも会計業務の処理を行うことができます。また、自動処理機能により、業務効率化に役立つのです。導入コストもかからず、会計ソフトに比べると安価ですので、神戸で経理業務を検討中の方は、是非クラウド会計を検討してください。

賃貸住宅の代行

システム

システムの導入費用

不動産会社では、「社宅代行システム」を使って賃貸住宅の代行を行っています。賃貸住宅の新規の契約にはじまり、家賃の支払いの代行や退室手続きの代行などをトータルで行っています。社宅代行システムを導入することで、わずらわしい賃貸住宅の管理から開放されます。その分、営業などのほかの業務に力を注ぐことができるでしょう。不動産会社の中には業務を効率化するために、営業部門と管理部門を分けて社宅代行システムを取り入れているところがあります。社宅代行システムの導入にかかる費用ですが、社宅一件ごとに発生します。「社宅一件ごとの単価×委託管理費用」となっています。また、委託管理費用については、不動産会社によって異なりますから、見積りを取ってください。一口に委託管理と言ってもさまざまな部門に分かれており、代行する部門が多くなるほど委託管理費用は高くなります。たとえば、家賃の支払いの代行のみを委託する場合などは、委託管理費用を低くおさえることができるでしょう。多くの社宅代行システムは、セットになっています。社宅代行システムを利用すれば、不動産情報のデータの管理も簡単です。また、不動産会社によっては、賃貸物件を借りる人と交わした契約書の保管まで行っているところや、クレームや問い合わせまで対応しているところもあります。不動産会社にどこまで管理を任せるかについては交わす契約内容によりますから、事前によく話し合って契約するようにしてください。

カレンダー

企業でのスケジュール管理

従業員のスケジュール管理は、会社の規模が大きくなっていくにつれて、必要になってきますし、実際に導入する企業も多いのです。グループスケジュールと呼ばれるこれらの機能は、十分に準備をしてから試用を行い、問題がないことを確認してから導入すると良いです。