社宅代行システムをするなら見積もりを忘れずに

  1. ホーム
  2. 組織改編の時期を見極める

組織改編の時期を見極める

男女

正しい組織であるかの判断

組織は常に改革が必要です。改革をやめた組織は今後成長する見込みがなくなってしまうのです。しかしいつでも組織改革を行っていれば、組織の調和が図れなくなります。そのため、組織改革を行うべき状況を見逃してはならないのです。組織診断は組織を改編すべきかどうかを診断するものです。最近では多角的分析ツールとして参考程度に導入されるケースも少なくないのです。組織診断は、組織構成員の意識状態や現場の行動や背景を明らかにして、組織を改編すべきか、それともそれ以外の方法で解決策の立案すべきか仮説を検証して管理するためのツールになります。組織診断では様々なデータを用いて診断を行います。従業員満足度調査や人件費情報などがこれに該当します。組織診断ツールで組織改編を行うべきというサインが出た際には、専門のコンサルティングを通じてどのように組織改編を行うのが望ましいのかを検討します。組織は年々複雑化しています。素人の考えで改変しても必ずしも成功するとは限らないのです。もちろん専門家の判断でも思わぬ方向性にでる可能性はあります。しかし成功率を高めるには、専門家の正しい判断のもと組織改編を行う事が理想なのです。過去の事例や成功実績など数多くのスキームを持っている専門家の判断にはいくつかの根拠があります。組織診断の結果をもとにどのように改変するのが望ましいのかを導き出すことが可能なのです。豊富な実績と経験をもとに企業の状況に応じてカスタマイズすることが最も大事なのです。